自社開発のイベントツール、PA音響、イベント照明 四国電飾工芸

HOME > ●イベントツール > アンケートマシン

押したボタンの数をリアルタイムに集計し表示するシステム。イベントや会議などの現場で匿名での意識調査を可能とします。 具体的な利用シーンとしては、大勢の中で手を上げにくく匿名を必要とする(セクハラ問題性に関する質問 医療学会など)、事前の集計ではなく今この瞬間の意識を調査(会議を行いながらの質問にリアルタイムで集計)、観客と一体になったイベントで気軽に意識調査(この商品が欲しい方 このお笑いが面白いと思う方など)などに非常に効果を発揮するツールです。

 PCを使用せずに簡単に使用できる50人までのレンタルモデル。これまで多くの現場で実績がある人気商品をレンタル用に製作したものです。高額で導入を諦めていた催事でも機材をレンタルして自前のスタッフで設置・運営を行えば安価にご利用頂けます。
レンタルマシンとしてコンパクトに設計。本体両面に7セグメント表示を配置することで裏面はモニターとしてス ムーズなイベント進行を可能としました。自動モードでは“スタート”と“リセット”の2つのボタン操作のみで計測を行えます。“ボタンはYESと思う方は ボタンをどうぞ!”という一般的な1ボタン式を採用。配線は25人を1グループとして中継ボックスを2つ配置、それぞれにボタンを接続します。設置は作業 に慣れた方であれば30分程で完了します。


パソコンを使用して多彩な制御と演出表示を実現します。集計結果はプロジェクターや大型モニターを使用して数値のほかにグラフを表示。1ボタン式でありな がら2択や3択の多義選択問題に対応します。インターフェイス1台の解析人数は50人で最大10台まで連結を可能とします。

●無線を使わない理由
弊社のイベントツールは全て有線です。最近はWi-FiやBluetoothを利用した機器もありますが、イベントにおいて優先されることは確実に動作する事です。ちょっとした手間を省くために無線を使って、原因不明のトラブルで機器が利用できなくなればイベントも進行できなくなります。実際に現場からそのようなお話も聞こえてきます。少しでもリスクを減らすためにも無線は導入しておりません。

ページトップへ